ケジラミ症はどんな病気?検査方法や治療法をチェック

ケジラミ症は、その名の通り吸血性昆虫であるケジラミが寄生することで発生します。人間の毛の部分に寄生するという特性があり血液を栄養としていますが、基本的に人にしか寄生しません。通常、性行為により陰毛に直接接触することでケジラミ症に感染します。ケジラミは、シラミの一種で褐色を帯びた白色で1mm前後の大きさとなっており一度陰毛に寄生してしまうと自分の手で剥がそうとしても剥がすことはできません。シラミは人の身体に寄生しますが、ケジラミやアタマジラミ、コロモジラミと3種類ある中、性行為により感染してしまうのはケジラミのみです。ケジラミの成虫は、3週間~4週間ほど生存し、その間に30個から40個もの卵を産み続けます。陰毛部に斜めに付き何個も卵を産み付けてしまうので、少しでも不快な症状を感じたらすぐに病院で診察を受けましょう。ケジラミの成虫は、基本的に肉眼でも確認することができます。

しかし、数が少ない場合、自分の目で確かめることはできません。もし、性行為後1ヶ月~2ヶ月ほど経って陰部にかゆみを感じたり家族内でケジラミ症を発生したりしている場合は、早急に医師に相談することが大切です。また、ケジラミ症は、梅毒やクラミジア、HIV、B型肝炎などの感染症と同時に感染していることも多いので注意しましょう。

ケジラミ症の症状の特徴をチェック

ケジラミ症は、性行為後1ヶ月~2ヶ月で陰部のかゆみを感じ自覚することがほとんどです。陰毛や肛門周辺のほかにも太ももやすね毛などにもかゆみを感じてしまうこともあるでしょう。中には、まつ毛や眉毛にまでケジラミが寄生してしまうこともあります。まつ毛にケジラミが寄生してしまうと目脂のように見えるのも特徴です。また、まれですが、頭髪に寄生してしまうこともあるようです。頭髪にケジラミが寄生してしまった場合、頭部に強いかゆみを感じてしまいます。

さらにかゆみを感じてしまうほかにも衣類にケジラミが排泄した際の血糞が見られます。ケジラミ症に感染してしまうとかゆみみを感じてしまうのが特徴です。しかし、かゆみの程度は人によって差があり、軽度のものから重度のものまでさまざまです。治療を行わずに放置してしまうとかゆみみのほかにも肌がかぶれてしまったり湿疹に悩まされたりしてしまうこともあります。また、細菌性の二次感染の危険性もあるため注意しなければいけません。かゆみが強い方の場合、掻くことにより、湿疹や感染症を引き起こしてしまうこともあるため注意が必要です。長期間にわたり感染してしまうとケジラミの刺噛によって青灰色の斑点を作ってしまうこともあります。

どのようにしてケジラミ症に感染してしまうのか?

ケジラミ症は、性行為によって感染してしまうことがほとんどです。性行為を行うことで陰部に直接ケジラミが接触し、卵を産み付け寄生してしまうことにより発生します。また、毛布やタオルなどを解して人に感染してしまうこともあるため、家族内の感染も注意しなければいけません。母子間の感染も多く、ケジラミ症に感染後、密に子どもと触れ合うことで感染してしまうというケースも見られます。

ケジラミ症の治療方法はさまざまあります

ケジラミ症に感染してしまった場合、早急に医師に相談することが大切です。顕微鏡などでケジラミの卵まで確認し、卵の中に生きている虫がいないかを確認します。ケジラミ症は、感染してしまったすべての毛を剃ることがもっとも有効的な治療法です。陰部はもちろんのこと、肛門周辺の毛やまつ毛、眉毛など、ケジラミが寄生してしまっている部分を剃毛し治療を行うこともあります。また、ケジラミを殺すシャンプーや薬剤を使用して治療を行うこともあるでしょう。現在、国内で認可されているのが市販でも購入可能な0.4%のフェノトリンシャンプーやフェノトリンパウダーです。フェノトリンパウダーは、寄生部分に散布し、洗い流します。

3日~4日ごとに3回~4回ほど繰り返して使用することで効果を期待できます。しかし、シャンプーは、卵そのものには効果を期待することはできません。陰部周りや感染部分をケアするだけでなく衣類や寝具もドライクリーニングやアイロンをかけ、熱処理することが大切です。ケジラミ症は家族内でも寝具やタオルなどを通して感染してしまうこともあるため、家族で治療することが求められます。

前述したようにケジラミ症は、性行為や寝具類やタオルなどによって誰でも感染する病気です。他の感染症と違い、他の感染症との合併例が多いことでも知られています。そのため、少しでも不快な症状を感じたり感染が疑われたりする場合は、医師に相談することが欠かせません。国内でも使用できる薬剤や市販薬もあり、自宅で無理なく治療できます。ケジラミ症を治癒するためには、自己判断や放置してしまうことがないように医師に相談し、正しい方法で治療を行うことが大切です。

よくある質問

男性は「泌尿器科」、女性は「婦人科」となります。

治療は保険適用されます。

郵送検査キットの場合は保険適用ではありませんが、完全匿名で受けられます。

検体が届いてから通常4日~7日で判明します。(祝日、日曜日等は省く)

病院で行われる方法と同じ方法で検査を行うため精度は問題ありません。
キットの使い方も簡単なので失敗をする確率も低いです。

検査器具は全て「使い捨てタイプ」の器具です。使用未使用に関わらず、全て医療廃棄物として処理しています。

検査キットの有効期限は通常お届け後6ヵ月となります。

通常、発送は日本国内に限っております。

査キットのお届けはこのように検査キットだとわからない包装と伝票になっています。
また、病院でカルテを管理しているのと同じしっかりとしたセキュリティシステムでお客様の個人情報を守っています。

ネットでも確認することができますし、また郵便局留めで受け取りする事ができため家族の人にもわからなく検査キットを受けとりする事ができます。※外装からは一般的にわからいようになっています。

陽性の場合は病院で治療を受けましょう。お近くの提携している病院にて治療していただくことも可能です。

Load More

おすすめランキング

予防会

価格帯 ¥3,500~¥16,800
送 料 無 料
検査項目 13項目
匿名検査
協力医療機関 37件

さくら検査研究所

価格帯 ¥3,860~¥17,310
送 料 無 料
検査項目 11項目
匿名検査
協力医療機関 187件

ふじメディカル

価格帯 ¥3,500~¥16,800
送 料 無 料
検査項目 10項目
匿名検査
協力医療機関 11件

3ステックでできる簡単検査


郵送検査キットは簡単で自分で採取可能。

採取が完了したらポストに投函。

数日後にWEBで確認できます。(郵送・電話でも確認可能)

無料の検査・相談窓口


北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県

新潟県長野県富山県石川県福井県

愛知県岐阜県静岡県三重県

大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県

鳥取県島根県岡山県広島県山口県

徳島県香川県愛媛県高知県

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県