アメーバ赤痢症を検査して早期の治療

アメーバ赤痢症は赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)と呼ばれる寄生虫の原虫が原因となって発症する病気です。以前は赤痢アメーバが原因で下痢や粘血便を起こす大腸炎や、しぶり腹などの症状があるものをアメーバ赤痢と呼びました。しかし現在では1999年に施行された感染症法で、大腸以外の臓器にも症状が出たものも含めてアメーバ赤痢と総称しています。アメーバ赤痢は伝染病のため、1999年に施行された感染症法で定めている五類感染症に指定されているものです。主に大腸に寄生するアメーバ赤痢は世界各地で認められており、特に熱帯地域や亜熱帯地域に多くなっています。また先進国では性感染症としても問題視しており、日本でも開発途上国へ渡航した旅行者に感染する傾向が見られます。

アメーバ赤痢で現れる症状の数々

アメーバ赤痢に感染すると、10%から20%の割合で感染者に何らかの症状が現れます。通常は病原体が体内に摂り込まれてから2週から4週の間に、前述したような下痢や粘血便、しぶり腹(テネスムス)などの症状が出てきます。また排便時に、下腹部に痛みや不快感などを起こす症状が現れるのも特徴です。粘血便はいちごゼリーのような様相を呈しており、数日から数週間の間でよくなったり悪くなったりという状態を繰り返します。またアメーバ赤痢は血液の流れに乗って大腸以外の臓器に移ることがあり、肝臓に侵入すると膿が溜まってしまいます。肝臓にアメーバ赤痢が侵入した場合、38度から40度の高熱が出て右脇腹に痛み(右季肋部痛)が生じます。ほかにも肝臓が腫れること(肝腫大)によって吐き気や嘔吐を繰り返し、体重が減少して寝ていても寝汗をかくなど全身のだるさが続きます。これはアメーバ肝嚢胞と呼ばれるもので、腸管以外のアメーバ症の中では罹患頻度が高いのが特徴です。まれではあるものの、時には脳や肺、皮膚にも膿胞ができることが報告されています。

アメーバ赤痢はどのようにして感染するのか

アメーバ赤痢症は近年日本で増加傾向にあり、感染者の9割を男性が占めています。かつては女性の罹患者は少なかったのですが、最近では残りの1割を占めるほど女性にも増えてきているのです。渡航者が感染することが多いものの、日本国内では福祉施設などでの集団感染も増えているという現状があります。アメーバ赤痢に感染する原因としては、すでにアメーバ赤痢に感染した人が排泄した便中に存在する赤痢アメーバに汚染された水を飲んだり、そのような水で作られた氷が入った飲み物を飲んだりしたときも感染します。また汚染された野菜や果物、肉などを生のまま食べることによっても感染してしまいます。もう1つの原因として挙げられるのが、性交渉によるアメーバ赤痢の感染です。感染者の多くを男性が占めているのには、男性同性愛者間での性行為が感染を広めていると考えられます。性行為時に肛門の周辺にアメーバがいると、手指などを介して感染したり、肛門への口腔性交によって口の中にアメーバが入ったりして感染を起こします。アメーバ赤痢の感染経路としては、発展途上国での汚染された水や食品の摂取と、アメーバ保有者との性交渉によるものが主な原因であるといえるでしょう。

感染がわかったときの有効な治療法

赤痢アメーバ症に対しては、基本的に投薬治療を行うことが多く、症状がひどい場合は食事をやめて点滴を行う必要も出てきます。しかし腸管アメーバもアメーバ性肝膿瘍に対しても、まずは抗生剤のメトロニダゾールという薬の服用からはじめるのが一般的です。メトロニダゾールは赤痢アメーバ症に顕著な効果があるとすでに実証されており、世界各国で治療に使用されています。服用する期間は7日から10日程度で、妊娠中の女性への投薬はできません。また服用している期間と服用後の1週間は、お酒を飲むことも控えなければならないため注意が必要です。
メトロニダゾールを使用することができないときには、チニダゾールという薬を服用することになります。ほかにもシストと呼ばれる寄生虫や脳腫によってできた膿胞を駆除するのに、パロモマイシン硫酸塩が腸管に強力に作用してくれます。この薬は消化管から吸収されにくいのが特徴で、高い濃度を保ったまま腸内にいるシストに作用するためシストの死滅が可能となるのです。赤痢アメーバ症に感染した場合は、まずは抗生剤をきちんと服用することが治療への第1歩といえます。

赤痢アメーバ症にはワクチンがないうえに、予防できる予防薬もありません。海外旅行は先進国でもそうですが、特に発展途上国へ渡航する際は飲食に最大限の注意を払うことが重要です。また不特定多数との性行為を避けたり、避妊用具の使用を徹底したりすることも感染のリスクを回避してくれます。性行為では肛門周囲への口腔性交を避けることはいうまでもありませんし、常に身体を清潔にしておくことも非常に大切な要素となります。

よくある質問

男性は「泌尿器科」、女性は「婦人科」となります。

治療は保険適用されます。

郵送検査キットの場合は保険適用ではありませんが、完全匿名で受けられます。

検体が届いてから通常4日~7日で判明します。(祝日、日曜日等は省く)

病院で行われる方法と同じ方法で検査を行うため精度は問題ありません。
キットの使い方も簡単なので失敗をする確率も低いです。

検査器具は全て「使い捨てタイプ」の器具です。使用未使用に関わらず、全て医療廃棄物として処理しています。

検査キットの有効期限は通常お届け後6ヵ月となります。

通常、発送は日本国内に限っております。

査キットのお届けはこのように検査キットだとわからない包装と伝票になっています。
また、病院でカルテを管理しているのと同じしっかりとしたセキュリティシステムでお客様の個人情報を守っています。

ネットでも確認することができますし、また郵便局留めで受け取りする事ができため家族の人にもわからなく検査キットを受けとりする事ができます。※外装からは一般的にわからいようになっています。

陽性の場合は病院で治療を受けましょう。お近くの提携している病院にて治療していただくことも可能です。

Load More

おすすめランキング

予防会

価格帯 ¥3,500~¥16,800
送 料 無 料
検査項目 13項目
匿名検査
協力医療機関 37件

さくら検査研究所

価格帯 ¥3,860~¥17,310
送 料 無 料
検査項目 11項目
匿名検査
協力医療機関 187件

ふじメディカル

価格帯 ¥3,500~¥16,800
送 料 無 料
検査項目 10項目
匿名検査
協力医療機関 11件

3ステックでできる簡単検査


郵送検査キットは簡単で自分で採取可能。

採取が完了したらポストに投函。

数日後にWEBで確認できます。(郵送・電話でも確認可能)

無料の検査・相談窓口


北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県

新潟県長野県富山県石川県福井県

愛知県岐阜県静岡県三重県

大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県

鳥取県島根県岡山県広島県山口県

徳島県香川県愛媛県高知県

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県