性病に感染したらどの診療科に行けばいいの?

性病に感染したかもしれないと思う症状の出方は、男性と女性によって異なります。とはいうものの、夫婦やカップルなど、性行為において感染した場合に相手が特定できるときは、原則として二人ともが治療を行わないことには、ピンポン感染と呼ばれるいつまでも感染が続き、なかなか治らないという状態になってしまいます。そのため、二人ともが同時に治療を受けられる医療機関に行き、早めに受診することが大切です。

性病にかかったかもしれないときに受けるべき診療科はどこか

性病に感染したかもしれないとなったとき、どの診療科を受診すればいいのかと悩む人は多いでしょう。女性の場合はかかりつけの婦人科があれば、そこへ行くのが一番手っ取り早い方法ですが、男性の場合は婦人科に行くわけにも行きません。
もちろん、男性も婦人科へ行って治療を受けることはできるのですが、女性ばかりの中に足を踏み入れるのに抵抗がある人は多いでしょう。そんなときは、泌尿器科が適しています。
その理由としては、男性の性病で一番に現れる症状が尿道炎だからです。性病治療を行っている泌尿器科クリニックには、性病科を標ぼうしているところがありますので、こうした泌尿器科に行くのが最も適しています。もちろん、普通の泌尿器科でも尿道炎の治療は行いますし、検査もします。検査の結果、尿道炎の原因が性病だと分かれば、適切な治療を受けることができるでしょう。

性病の具体的な検査方法

検査方法はいろいろですが、性病の初期症状で現れる尿道炎は性病以外でも起こりうる泌尿器の病気です。ただし、問診の結果から、性病の初期症状かもしれないという可能性がある場合には、まずは尿検査が行われます。また、淋病やクラミジアの場合も同様に、尿検査で感染しているかどうかが分かりますので、これらの性病に関しては検査は非常に簡単です。ただ、簡単とはいうものの医療機関で検査を行うにあたっては、2時間以上排尿を我慢したうえでないと結果が出ないため、2時間の排尿を我慢するのが大変な人にとっては、一概に簡単とは言えない検査になるでしょう。

男性が行きづらい婦人科で一緒の治療が難しいときにおすすめ

産婦人科ではなく、婦人科だけを標ぼうしているのであれば、不妊治療も行っているため、男性が受診しても構いません。パートナーとの間でピンポン感染を繰り返す性病の場合は、二人同時に治療を行うのが原則であることは婦人科医も分かっているからです。とはいえ、男性が婦人科を訪れるのは居心地の良いものではありませんし、他の女性患者に不快感を与えてしまう可能性もあります。それならば、性病治療を行っている泌尿器科に行く方が、女性もトラブルがあったときに受ける医療機関ですので、二人同時に治療が始めやすくなります。もちろん、泌尿器科の方でも二人が一緒に治療を受けるのが望ましいのは知っていますので、男性が女性と一緒に行く場合には、性病を治療する泌尿器科が望ましいでしょう。

泌尿器科における女性の検査とは

女性の場合は、婦人科に行くのも勇気が必要なのに、泌尿器科ではどのような検査が行われるのだろうと不安になるのは無理もありません。ただ、男性が先に尿検査を受けることによって、どのような性病に感染しているかが分かりますので、明らかに二人の間で感染したものと思われる場合には、女性も男性同様、尿検査だけで済むケースもあります。尿検査で済むときのためにそなえて、女性も2時間は排尿を我慢してから受診するのが、性病を泌尿器科で相談するときの注意点です。
他の注意点としては、検査前に入浴してしまうと尿検査以外の検査が必要になった場合に、皮膚粘膜疾患の診察ができなくなってしまうことです。直接性器を見て診察するのが産婦人科医師ではないことに抵抗を感じるかもしれませんが、性病を診察する泌尿器科には性病科として標ぼうしているところもあります。男女のいずれの場合も尿検査ではなく、性器の状態を診て診断を下す必要があると判断した場合には、適切に対処してくれますので、女性も安心して任せられるはずです。

二人同時が原則だから行きやすい泌尿器科がおすすめ

男性の場合、性病の症状が最初に出るのが泌尿器です。女性の場合は尿道ではなく、膣の内部や性器の周辺に異常が起こることが多いものの、泌尿器にも少なからず影響を及ぼします。排尿時に痛みを感じたり、性器全体が赤く腫れたり、熱を持つことによって排泄が困難になるからです。性病の診察を手掛ける泌尿器科であれば、泌尿器を軸にした性病治療を行ってくれますので、排尿に関する悩みも一緒に取り除けて、むしろ一石二鳥と言えます。

まとめ

このように、男女で一緒に治療を受けないとなかなか治らない性病は、泌尿器科という選択が最も効果を上げるケースは多く、さらに、二人一緒に行きやすいことからも、性病科を標ぼうする泌尿器科に行くのがおすすめの理由です。

よくある質問

男性は「泌尿器科」、女性は「婦人科」となります。

治療は保険適用されます。

郵送検査キットの場合は保険適用ではありませんが、完全匿名で受けられます。

検体が届いてから通常4日~7日で判明します。(祝日、日曜日等は省く)

病院で行われる方法と同じ方法で検査を行うため精度は問題ありません。
キットの使い方も簡単なので失敗をする確率も低いです。

検査器具は全て「使い捨てタイプ」の器具です。使用未使用に関わらず、全て医療廃棄物として処理しています。

検査キットの有効期限は通常お届け後6ヵ月となります。

通常、発送は日本国内に限っております。

査キットのお届けはこのように検査キットだとわからない包装と伝票になっています。
また、病院でカルテを管理しているのと同じしっかりとしたセキュリティシステムでお客様の個人情報を守っています。

ネットでも確認することができますし、また郵便局留めで受け取りする事ができため家族の人にもわからなく検査キットを受けとりする事ができます。※外装からは一般的にわからいようになっています。

陽性の場合は病院で治療を受けましょう。お近くの提携している病院にて治療していただくことも可能です。

Load More

おすすめランキング

予防会

価格帯 ¥3,500~¥16,800
送 料 無 料
検査項目 13項目
匿名検査
協力医療機関 37件

さくら検査研究所

価格帯 ¥3,860~¥17,310
送 料 無 料
検査項目 11項目
匿名検査
協力医療機関 187件

ふじメディカル

価格帯 ¥3,500~¥16,800
送 料 無 料
検査項目 10項目
匿名検査
協力医療機関 11件

3ステックでできる簡単検査


郵送検査キットは簡単で自分で採取可能。

採取が完了したらポストに投函。

数日後にWEBで確認できます。(郵送・電話でも確認可能)

無料の検査・相談窓口


北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県

新潟県長野県富山県石川県福井県

愛知県岐阜県静岡県三重県

大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県

鳥取県島根県岡山県広島県山口県

徳島県香川県愛媛県高知県

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県