匿名で淋菌,梅毒,クラミジア,HIVエイズ,ケジラミなどの性感染症STDを自宅で性病検査できるおすすめ検査機関を徹底比較!高精度の検査キットをご紹介致します。

  1. 性病について
  2. 57 view

淋菌の早期治療は早期検査が鍵

性行為を通して淋菌に感染する人が増え続けています。淋菌感染症になると性器に炎症が起き、痛みだけでなく膿が見られることもあります。
性器以外にも肛門周りや咽頭などにも症状が現れることもあるでしょう。妊娠中の女性が淋菌感染症を引き起こしてしまった場合、産道を介して赤ちゃんに感染してしまうこともあるため注意しなければいけません。

淋菌感染症は数多の性感染症の中でもたくさんの方が発症しており、年間1億人を超える発症例があることでも知られています。また、同時にHIVの感染リスクもあることから淋菌感染症が疑われる場合には、早急に医師に相談することがおすすめです。

淋菌感染症は、淋菌が原因となってり引き起こされる病気です。
淋菌は日光や乾燥により数時間で感染リスクが低下しますが、口腔や性器など粘膜を介してしまうと生存が可能になるのも特徴です。性行為の方法によっては、性器だけにとどまらず、口腔内や肛門の中にも感染が広がることも否定できません。
また、淋菌が付着した手で目に触れることで目まで感染してしまうこともあるので注意が必要です。

こんな症状が出たら危ない

はじめに、淋菌感染症の症状として排尿時に痛みを感じてしまうことがあります。
さらに淋菌に感染すると1週間ほどの潜伏期間の後に尿道付近に痛みを感じ、尿道口から黄色い膿が見られます。男性の場合、比較的、自覚症状を感じられる性感染症の1つですが、中には全く自覚症状がないこともあり、診断や治療が遅れてしまう人もいるので注意が必要です。

治療を行わずにそのまま放置してしまうと感染は、ますます広がってしまいます。排尿障害を引き起こしてしまうだけでなく発熱や性器の発赤、腫れなどに悩まされてしまうこともあるでしょう。さらに男性不妊などの辛い症状で悩んでいるという方もいます。淋菌感染症は、治療が遅くなるにつれ、大切な相手にまで感染してしまうといった怖さがあります。

女性の場合、男性と比較すると圧倒的に自覚症状がありません。女性が症状を自ら感じられるのは約20%となっており、おりものの異常や不正出血、排尿痛などの不快感を抱くことで感染に気付きます。

淋菌感染症が発症したことを気付かずに放置してしまうことで、卵管や卵巣などにも感染が広がり不妊症の原因になってしまうこともあります。女性が淋菌感染症になってしまうと胎児にも影響が及ぶこともあるため、早急に治療を行うことが欠かせません。

妊娠中に淋菌感染症になると卵管や子宮内膜に影響を及ぼします。炎症を起こすことによって早産や流産などのリスクもあるでしょう。
万が一、分娩時に新生児が淋菌感染症になると結膜炎を引き起こしてしまう可能性もあります。目脂や目の充血のほか、失明のリスクがあるなど、大変危険な性感染症の1つです。

淋菌感染症の感染経路

淋菌は性行為で移るという特徴がありますが、性行為以外で淋菌感染症が発症することはほぼないと見ていいでしょう。最近では、性交パターンが多様化されたことにより、のどや腸にまで淋菌が感染してしまうといったケースも多いです。

驚くことに淋菌感染症は、たった1回の性交でも約3割の確率で感染するといわれているのです。さらに淋菌感染者の多くが他の性感染症に感染している可能性もあります。

HIVのほかにもクラミジアなどに同時感染している方もいるため、早期に検査を行うことが欠かせません。淋菌感染症のほかにもHIVやクラミジアなどに同時感染している場合は、性行為をやめ、早急に病院で治療を行いましょう。

治療方法を確認してみましょう

淋菌感染症は、医療機関だけでなく保健所などで性病検査を行い適切な治療を受けることができます。最近では、通販で手に入れることができる検査キットの需要が高まっています。

医療機関で淋菌感染症の治療を行うなら、女性は婦人科へ男性は泌尿器科へ足を運んでみましょう。淋菌感染症は、他の性感染症と比較してみても治療は難しくありません。
抗生物質の点滴や注射を打つだけで完治できるといわれています。現在、注射による治療が主流となっており、セフォジジムやセフトリアキソンなどの薬剤を使用して完治を目指します。

クラミジアと同時感染してしまっている場合は、服薬治療を行うこともあるでしょう。淋菌感染症は、自然治癒することはありません。不快な症状を感じているのに治療を行わずにいると新たなトラブルに見舞われてしまうこともあります。また、再発の危険性もあるので、完治するまでは性行為を控えるようにしましょう。

淋菌感染症は、男性のみならず女性にも感染してしまう病気です。女性の8割が症状を感じないため、感染していることに気が付かず性行為を続けてしまい関係が悪くなってしまったというカップルも少なくありません。このようなトラブルから大切なパートナーを守るためにも、淋菌感染症の疑いを感じたら、すぐに病院で治療を行うようにしましょう。

性病についての最近記事

  1. 風俗での性病感染を減らす方法について考える

  2. デリヘルを安全にかつ楽しく利用する方法

  3. 感染してしまうと精神的ショックも大きい性病

  4. 知って欲しい淋病の真実!放置しておいて自然治癒する性感染症なのか?

  5. 軟性下疳とはどんな病気?検査と治療

関連記事

PAGE TOP