匿名で淋菌,梅毒,クラミジア,HIVエイズ,ケジラミなどの性感染症STDを自宅で性病検査できるおすすめ検査機関を徹底比較!高精度の検査キットをご紹介致します。

  1. クラミジア感染症
  2. 7 view

コンドームは必須!自覚症状が出にくい性病、クラミジアと淋病とは

パートナーとの性行為をする中でコンドームをつけないで行為に及ぶと性病にかかるリスクがあり、更にその症状の度合いは人それぞれで軽度な症状の場合、いつの間にか性病になってしまった!なんて事も大いにあり得る話です。
その中でも自覚症状が出にくいクラミジアと淋病の特徴や治療法、予防の仕方についてご紹介していきましょう。

女性のメジャーな性病クラミジア


クラミジアとはクラミジア・トラコマティスという細菌による感染で発症します。女性がかかる性病の中でも圧倒的に多い病気ですが、その8割は症状がありません。症状が現れる場合は、下腹部痛や性交痛、おりものの増加などが挙げられます。
男性においては、尿をする際に白く濁った分泌液が出ることがあります。排尿痛が起こる人もいるでしょう。
いずれにせよ、男女共に症状が出にくいために発見が遅れがちです。その結果、気付かないうちにパートナーに感染してしまうリスクも高くなります。時には、咽頭にクラミジアが感染することもあるので気を付けなければなりません。

クラミジアの原因


クラミジアの原因であるクラミジア・トラコマティスの細菌は、そのほとんどが性行為により感染します。性行為での膣の分泌液や血液、唾液からも感染することがわかっています。つまり挿入しなくとも、オーラルセックスのみで感染してしまうのです。さらに細菌が手に付着している場合に、目をこすることで目に炎症が起きるケースもあります。
目から鼻へと菌が移動し器官へと入りますと、咽頭クラミジアになってしまいます。

クラミジアの恐ろしさ


症状が軽いように思われがちなクラミジアですが、悪化すると大変です。まず、骨盤腹膜炎を引き起こすこともあります。その場合、ひどい下腹部痛が生じるでしょう。
また、女性はクラミジアを放置しておきますと、頸管や卵管に炎症が生じてしまい、その結果不妊症になってしまう人もいるので要注意です。
性病のために将来的に妊娠しにくくなってしまっては大変です。
妊娠中に感染した場合には、流産の危険が高まります。
またおなかの赤ちゃんに感染する可能性もあり危険です。
男性も男性不妊の原因になるので気を付けましょう。

感染しやすい淋病


クラミジアと同じく、かかる確率が高い性病が淋病です。クラミジアよりは症状が現れやすく、不正出血やおりものの増加、下腹部痛や発熱といった不調が生じます。ひどくなりますと、膀胱炎のような痛みを感じることもあります。男性も、排尿時や勃起したときに痛みが生じるでしょう。
クラミジアと同様に、放置しておくと男女共に不妊症の原因につながります。
原因となる淋菌を除去しなければ、再発する可能性も高くなるのできちんとした治療が必要です。

淋病の治療


症状が軽いからと言って、淋病を放置するのは危険です。
中には病院に行くのが恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが、淋病は自然治癒はしません。淋菌はしっかり除去しなければ、ずっと体内に潜伏したままです。下腹部痛などが治まっても、体内にて淋菌が潜伏していますし、再発するどころかパートナーにも移してしまいます。淋病は、注射薬のでの治療法を取ることが一般的です。婦人科で点滴をしてもらうことで、淋菌を除去することができます。
注射薬での治療が難しい場合には、内服薬が処方されます。治療後には、きちんと淋菌が消失したかどうかを検査する形です。

若者に多いクラミジアと淋病


クラミジアも淋病も、20代~30代の若者に多い性病です。
理由としてはやはり、性行為に対して解放的であることが挙げられます。不特定多数のパートナーと性行為を行うことにより、感染しやすくなります。症状が現れにくいために、どんどん感染者が増えていってしまうのです。若者のピンポン感染を防ぐためにも、少しでも違和感を抱いたなら婦人科や泌尿器科を早めに受診したいものです。
また言いにくいながらも、パートナーと一緒に受診することが感染の予防につながります。

コンドームの必要性


メジャーな性病であるクラミジアと淋病は、キスのように口から口への経路でも感染してしまいます。
ですので100%ではありませんが、やはりコンドームの使用が何よりの予防策と言えるでしょう。また性行為においては、特定のパートナーのみと行うことが基本です。クラミジアの潜伏期間は1~2週間、淋病は感染すると2~5日で発症します。初めてのパートナーと性行為する場合や、彼氏や夫が風俗に行った後など、相手が性病に感染している可能性も無きにはあらずです。調べることもできません。
唯一行える予防策は、コンドームを装着しての性行為なのです。
もし感染した場合に、上にも述べたように将来的に不妊症になるリスクもあります。性病感染のために赤ちゃんに恵まれないことは、人生を変えてしまう大きな問題と言えます。
皆の健康と幸せなライフスタイルのためにも、コンドームを付けるというできることから予防していきたいものです。

まとめ


本来性行為は、愛するパートナーとの愛情表現の一つです。
遊び半分で不特定多数の相手とみだらな行為をすることにより、クラミジアや淋病にかかってしまうリスクが高まります。性病はかかると恥ずかしいだけでなく、体にも大きなダメージを与えることになります。
まずは皆が誠実で安全な性行為をすることが、何よりも大切と言えるのではないでしょうか。

自宅で簡単性病検査!症状から性感染症(STD)をチェックできる診断チャートをご用意!結果はパソコンや携帯で確認が可能です!大切なのは早期発見!「もしかしたら」と不安に感じている方、忙しくて病院に行く時間がない方、ブライダル、マタニティーチェックとして。 検査結果は検査受付後2日~4日を目安にネットで確認できます。

クラミジア感染症の最近記事

  1. 感染してしまうと精神的ショックも大きい性病

  2. コンドームは必須!自覚症状が出にくい性病、クラミジアと淋病とは

  3. クラミジア感染症を検査と治療は?簡単に検査できるの?

関連記事

PAGE TOP