性器ヘルペスに感染してしまうと不妊になるの?

近年、性別や年齢に関係なく、多くの方が性器ヘルペスの悩みを抱えています。性器ヘルペスは、陰部周りやお尻などに水泡ができ、強いかゆみや痛みを感じてしまう疾患です。単純ヘルペス1型と2型が感染の原因となっており、主に性行為によって発症します。最近では、オーラルセックスによって口腔内に性器ヘルペスを感染するケースも増えています。
性器ヘルペスは、一度感染してしまうと体内に潜伏し続けてしまうため、再発しやすいのも悩みです。ストレスや体調不良のほか、免疫力が低下したときなどにウイルスが活性化しやすいので注意しましょう。女性が性器ヘルペスになってしまうと妊娠や出産に影響はあるのだろうかと不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。また、ウイルスに感染してしまったことで不妊になってしまうのでは?といった悩みを抱えている方もいるかもしれません。そこで、今回は性器ヘルペスに関する情報をお伝えします。

性器ヘルペスは感染しやすいので要注意

性器ヘルペスは、病院で治療を行っても再発しやすい疾患です。初めて性器ヘルペスに感染した場合、体内に抗体がないため、症状が強く表れる傾向にあります。陰部周りやお尻だけでなく、太ももやお腹周りにも水泡ができてしまうこともあるでしょう。痛みやかゆみを感じてしまうほか、排尿が困難になってしまうことや足の付け根のリンパが腫れてしまうこともあります。性器ヘルペスが再発してしまうと痛みやかゆみを感じてしまうこともありますが、初めて感染したときに比べると比較的、症状が軽いのも特徴です。女性の場合、体調が変化しやすい生理前の時期に再発しやすいので注意しましょう。

性器ヘルペスに感染すると不妊症の原因になってしまうのか?

性行為によってウイルスに感染してしまう性感染症の種類は数多くあります。たった一回の性行為でもパートナーが性感染症になってしまっていると自身も感染してしまう可能性があるため、注意しなければいけません。感染源は、精液や膣分泌液、血液などの中に含まれており、性行為を行うことで体内に感染します。基本的に性行為以外では感染することはありません。
近年、性行為を行う若者も増えたことから、高校生や大学生などの若い方も性感染症で悩んでいます。性感染症の中には、自覚症状がないものもあるため、治療を行わずに放置してしまっているというケースもあります。たとえ自覚症状がなかったとしても性感染症は進行してしまうので、定期的に病院で検査を行うことが大切です。性器ヘルペスはもちろんのこと、他の性感染症においても正しい治療を行わずに放置してしまうと不妊の原因になってしまうこともあります。性感染症であるクラミジアや淋菌は重症化してしまうと男女ともに不妊症の原因になると言われていますが、同様に性器ヘルペスも身体に大きな負担をかけてしまうため、早期に治療を行うことが重要です。性感染症を防ぐには、コンドームを正しく使用することが欠かせません。性器ヘルペスの場合、外陰部の皮膚にウイルスがいることもあるので、病院で治療を行いウイルスを排除することが大切です。また、口の周りのヘルペスから感染する可能性も否定できません。パートナーに移してしまうことがないように口の周りに水泡やイボがあるときには、オーラルセックスを控えるようにしましょう。

性感染症で不妊にならないために早期治療を行うことが大切です

性感染症を疑っていても病院に行くことに抵抗があるという方も多いかもしれません。しかし、性器ヘルペスに感染する方は年々増えており、多くの方が病院で治療を行っているのが現状です。性器ヘルペスに感染してしまったら、体内で暴れているウイルスの増殖を抑える治療が行われます。初めて性器ヘルペスに感染すると患部に強い痛みやかゆみを感じてしまうことがほとんどです。また、高熱が続いてしまうこともあるでしょう。
このような症状が見られる場合、入院して治療を行うことが必要です。再発してしまった場合には、症状が軽いうちに治療を行うことで改善効果を期待できます。治療には、抗ヘルペスウイルス薬を用いるほかにも症状に応じてビタミン剤や鎮痛剤を使うこともあります。再発を防ぐために毎日適した薬を服用することが大切です。性病は、パートナーがしっかりと完治していなければ、いつでも感染してしまい辛い症状を繰り返してしまいます。そのため、パートナー同士で治療を行うことが重要です。

まとめ

今回は、性器ヘルペスの症状や治療法のほか、不妊になってしまうのかという点についてご説明しました。性器ヘルペスをはじめ性病は正しく治療を行わないと再発しやすいので注意しなければいけません。現在、体や心に負担をかけない治療法で完治を目指せるので、困った症状があるときには医師に相談してみましょう。

よくある質問

男性は「泌尿器科」、女性は「婦人科」となります。

治療は保険適用されます。

郵送検査キットの場合は保険適用ではありませんが、完全匿名で受けられます。

検体が届いてから通常4日~7日で判明します。(祝日、日曜日等は省く)

病院で行われる方法と同じ方法で検査を行うため精度は問題ありません。
キットの使い方も簡単なので失敗をする確率も低いです。

検査器具は全て「使い捨てタイプ」の器具です。使用未使用に関わらず、全て医療廃棄物として処理しています。

検査キットの有効期限は通常お届け後6ヵ月となります。

通常、発送は日本国内に限っております。

査キットのお届けはこのように検査キットだとわからない包装と伝票になっています。
また、病院でカルテを管理しているのと同じしっかりとしたセキュリティシステムでお客様の個人情報を守っています。

ネットでも確認することができますし、また郵便局留めで受け取りする事ができため家族の人にもわからなく検査キットを受けとりする事ができます。※外装からは一般的にわからいようになっています。

陽性の場合は病院で治療を受けましょう。お近くの提携している病院にて治療していただくことも可能です。

Load More

おすすめランキング

予防会

価格帯 ¥3,500~¥16,800
送 料 無 料
検査項目 13項目
匿名検査
協力医療機関 37件

さくら検査研究所

価格帯 ¥3,860~¥17,310
送 料 無 料
検査項目 11項目
匿名検査
協力医療機関 187件

ふじメディカル

価格帯 ¥3,500~¥16,800
送 料 無 料
検査項目 10項目
匿名検査
協力医療機関 11件

3ステックでできる簡単検査


郵送検査キットは簡単で自分で採取可能。

採取が完了したらポストに投函。

数日後にWEBで確認できます。(郵送・電話でも確認可能)

無料の検査・相談窓口


北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県

新潟県長野県富山県石川県福井県

愛知県岐阜県静岡県三重県

大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県

鳥取県島根県岡山県広島県山口県

徳島県香川県愛媛県高知県

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県