匿名で淋菌,梅毒,クラミジア,HIVエイズ,ケジラミなどの性感染症STDを自宅で性病検査できるおすすめ検査機関を徹底比較!高精度の検査キットをご紹介致します。

  1. 性病について
  2. 18 view

C型肝炎の正しい知識を深めて簡単検査

C型肝炎を発症している方は、世界中に多くいます。全世界で約1億7000万人もの方がC型肝炎で悩んでいるのです。日本でも約200万人の感染者がいるといわれています。

C型肝炎は、肝臓の病気となっており、C型肝炎ウィルスの感染により引き起こされます。C型肝炎に感染してしまうと慢性肝炎や肝硬変と進行することもあるでしょう。
現在、自分がC型肝炎に感染してしまっているとわかっていても治療を受けていないという方も少なくありません。また、自覚症状がなく、適切な治療を受けることができていないという方もいます。

しかしながら毎年3万人にも及ぶ肝がんによる死者がいることから、C型肝炎の知識を深めることが大切だといえます。残念なことにC型肝炎に効くワクチンは、いまのところないのが現状です。

そのため、性行為による感染を防ぐために信用できるパートナーとの性行為を避けたり避妊具を使用したりすることが大切です。また、感染リスクを抑え安心して治療を受けるためにも医療器具の管理をきちんと行っている医療機関を選ぶようにしましょう。
さらに刺青やピアス、鍼などの治療を受ける際には、衛生面を考慮しているところで行うことも重要です。

こんな症状が出ます

C型肝炎に感染してしまったとしても約80%の方が自覚症状がありません。症状がある方の場合、食欲不振や倦怠感のほかにも腹痛などの症状が見られます。
特に嫌悪感に悩まされ、その後、約10%~20%の方が肝硬変や肝がんへと進行してしまう可能性があります。

もし、身体のだるさを感じるほか、疲労感や食欲がわかないなどの症状が続く場合は、病院で血液検査を受けてみるといいでしょう。

血液検査を受けることでC型肝炎に感染していることに気付くこともできます。自分やパートナーの健康を守るためにも定期的に血液検査や健康診断を行い、肝炎ウィルス検査を行うと安心です。

C型肝炎から肝硬変や慢性肝炎まで症状が悪化してしまうと手の平が赤くなってしまったり身体が黄色くなったりすることがあります。また、このほかにもむくみや鼻血が出やすくなる、出血が止まりにくいといった症状も見受けられます。
C型肝炎の正しい知識を深めて予防や対策をしましょう

C型肝炎の感染経路

C型肝炎は、ウィルスに汚染された医療器具類や輸血用の血液によって感染します。血液を介してC型肝炎に感染してしまうと14週間ほどの潜伏期間をおいて急性肝炎を引き起こすケースもあります。

C型肝炎は、自覚症状をほとんど感じない感染症の1つとなっており、多くの方が自然にウィルスが排出されることはありません。適切な治療を受けないことで症状が悪化してしまうこともあるので、健康な身体を取り戻すためにも早期発見のために検査を行うことが大切です。

また、刺青やピアス、鍼などを行う際にウィルスに汚染された器具類を使用する際に感染してしまうこともあるでしょう。さらに、感染者の血液を介して感染することもあります。

他人の血液に触れたことによる感染率はさほど高くありませんが、性行為や母子感染により感染することもあるため、日常生活の中でも注意しなければいけません。

しかし、常識的な社会生活を送っていれば、家庭や社会生活の中で感染してしまうリスクはありません。もちろん、握手やハグなど、ただ身体が触れただけでは感染することはないため、むやみに感染の不安を理由にC型肝炎患者を差別することがないようにしましょう。C型肝炎の正しい知識を深めて予防や対策をしましょう

病院で行う治療

C型肝炎を治療するワクチンは、いまのところありません。
通常、急性のC型肝炎は、治療を行わず様子を見る医師が大半です。しかしながら慢性化してしまった場合には、抗ウィルス剤やインターフェロンを用いた治療を進めていきます。

C型肝炎は、HCV抗体検査によって診断を行います。血液を数ml採取するだけで検査ができるので、身体に大きな負担をかけてしまうこともありません。
肝がんの合併を確認するために超音波検査やMRI、CT検査を行うこともあるでしょう。現在、慢性化したC型肝炎の治療法はさまざまあり、注射薬や飲み薬を使った治療が行われています。

注射薬を使わない飲み薬だけの治療を行う方も増えており、それぞれの患者に適した飲み薬を服用することで約95%もの方がウィルスを体内から無くすことが可能だといわれています。
飲み薬による治療のほかにもC型肝炎の進行させてしまう血液中の鉄分を減らすために瀉血療法や肝炎の進行を防止する肝庇護療法なども治療法です。

C型肝炎に感染している人の血液を用いた輸血を行ったり、汚染された注射器などで医療行為を受けたりすることで感染リスクは高まります。

また、不特定多数の人と性行為を行うことでC型感染に感染してしまう人もいます。そのため、パートナー以外との性行為を控えることもC型肝炎の感染リスクを減らす対策法です。
自分の身体を守るためにも性感染症に関する知識を深め、正しい予防や対策を行っていきましょう。

性病についての最近記事

  1. 風俗での性病感染を減らす方法について考える

  2. デリヘルを安全にかつ楽しく利用する方法

  3. 感染してしまうと精神的ショックも大きい性病

  4. 知って欲しい淋病の真実!放置しておいて自然治癒する性感染症なのか?

  5. 軟性下疳とはどんな病気?検査と治療

関連記事

PAGE TOP