匿名で淋菌,梅毒,クラミジア,HIVエイズ,ケジラミなどの性感染症STDを自宅で性病検査できるおすすめ検査機関を徹底比較!高精度の検査キットをご紹介致します。

  1. 性病について
  2. 74 view

疥癬いう病気と症状と検査

疥癬とは皮膚病の一種で、たくさんいるダニが原因で起こる病気です。ダニには非常に多くの種類がいますが、疥癬を引き起こすのはヒゼンダニと呼ばれるダニのみです。

ヒゼンダニが人の皮膚に寄生することにより、さまざまな症状を引き起こした際は、疥癬となります。疥癬が厄介な病気と呼ばれるのは、感染症であることです。ヒゼンダニが人から人へと移動していくことによって、感染が拡大してしまいます。
目に見える虫なら対処のしようもありますが、ヒゼンダニは目に見えないダニであるため、気付かないうちに感染し、自分が感染していることを知らずに他の人と接触し、さらに感染を広げていくといった具合です。

さらに疥癬には2種類のタイプがあり、一般的に罹患する人が多いのは通常疥癬と呼ばれるタイプです。この場合、寄生するヒゼンダニの数は数十匹程度ですが、もう1つの角化型疥癬になると100万匹から200万匹にも及ぶため、感染の程度の度合いが大きく異なってきます。こちらは、ノルウェー疥癬といった言い方もされます。

疥癬の具体的な症状とは

疥癬には2つのタイプがあることから、症状の出方も違います。通常疥癬の場合は、手から感染することが多いため、まずは手首や手の関節にかゆみが出ます。さらにお腹や胸、わきの下やひじの内側といった皮膚の柔らかい部分にかゆみが出るのは、ダニがこうした柔らかい皮膚の部分を好んで生息するからです。

疥癬のかゆみは、単にかゆみいという程度ではなく、激しいかゆみが起こりますので、かゆみいあまり掻き壊して傷を作るといった具合に、二次的な苦痛を生み出します。

掻き壊した傷が跡になって残ることも多いうえに、感染が広まると頭と顔を除く全身に強いかゆみを発症するため、精神的にも非常にストレスが多い病気といえます。
ヒゼンダニの数が通常疥癬とは比べ物にならないほど多い角化型疥癬ともなると、どれほどのかゆみに襲われるのかと不安になりますが、意外なことにかゆみが起こる場合もあれば、起こらない場合もあるのが特徴です。皮膚が乾燥してカサカサになり、まるで垢が溜まっているように見えるのが特徴で、免疫力が劣っている高齢者が感染するケースが多いのは角化型疥癬の方です。老人ホームなどで発生すると、たちまち広まってしまい、大変なことになりますので、注意喚起がされている皮膚感染症となっています。

疥癬の感染経路

通常疥癬の場合、ヒゼンダニに感染している人と長い時間一緒にいて、肌と肌、あるいは手と手が触れ合うことでヒゼンダニが移っていきます。
短時間の接触ですぐに感染するわけではありませんので、さほど神経質にならなくてもいいでしょう。ただし、疥癬を発症した人が長い間使っていた寝具や衣類をそのまま使うと、すぐに感染してしまう場合があります。

とはいうものの、潜伏期間が1~2ヶ月とかなり長くなっているため、どこで感染したかがわかりにくいのも疥癬の特徴です。角化型疥癬(別名ノルウェー疥癬)の方は、ヒゼンダニの数がとにかく非常に多いため、強い感染力を持ってしまうのが怖いところです。

多くのダニがいることによって、短時間の接触でも感染してしまい、寝具などに触れることでも当然のことながら感染してしまいます。角化型疥癬の患者の皮膚から落ちた角質にも多数のヒゼンダニが生息していて、ほんの小さなかけらでも皮膚にくっつくと、そこから感染してしまいます。

そのため、角化型疥癬の患者と接触した場合は、潜伏期間はほぼないといっていいでしょう。4~5日もすれば症状が出てくるほど、感染力が強いという違いがあるのが特徴です。疥癬の感染は人から人へ、角化型の場合は患者の寝具や落ちた角質に触れただけでも発症してしまうがわかっています。感染の経路は人と人、あるいは人と、感染した人が使った寝具や衣類、さらには剥がれた角質までもが感染経路となるわけです。

ただ、そもそもヒゼンダニ自体にどこで感染したかを特定するのは容易ではありません。人の皮膚で表皮と呼ばれるもっとも表面の部分には少なからずダニが寄生しています。とはいえ、すべてのダニが悪いものではなく、古い角質を食べたりといった具合に共存しているのが実情です。どこに行けば感染しない、あるいは何かをしたから感染したと言いきれないのが疥癬という感染症です。

疥癬の治療方法

治療は皮膚科を受診し、疥癬と診断されたら飲み薬と塗り薬で治療を行います。服用はイベルメクチンという薬で、塗り薬はフェノトリンローションです。いずれも体重や、感染の度合いによって量が決まりますので、医師の指示を守って薬による治療を続ける一方、入浴して身体を清潔に保ち、寝具を変え、こまめに掃除をすることが大事です。

このように、ダニが原因の皮膚疾患は多いのですが、特に感染力の強い疥癬はより注意が必要な皮膚感染症であることがわかります。
強いかゆみや、肌が異様にカサカサしてきたといった場合は、早めに医療機関を受診し、疥癬と診断されたら治療をしっかり受けるとともに、周りの人に感染を広げないようにすることも考える必要があります。

性病についての最近記事

  1. 風俗での性病感染を減らす方法について考える

  2. デリヘルを安全にかつ楽しく利用する方法

  3. 感染してしまうと精神的ショックも大きい性病

  4. 知って欲しい淋病の真実!放置しておいて自然治癒する性感染症なのか?

  5. 軟性下疳とはどんな病気?検査と治療

関連記事

PAGE TOP