匿名で淋菌,梅毒,クラミジア,HIVエイズ,ケジラミなどの性感染症STDを自宅で性病検査できるおすすめ検査機関を徹底比較!高精度の検査キットをご紹介致します。

  1. コラム
  2. 84 view

女性が感染しやすい性病の代表的なものは3つ

性病の多くは、細菌やウイルス、あるいは病原菌となるものがあって感染するのが特徴です。

女性だけに症状が出る場合もあれば、男女ともに症状が出ることもあり、男女ともに感染するタイプの性病はピンポン感染症とも言われます。

どちらかが罹患して治療をしたとしても、治療をしていない方に症状が出ると、治療した方がまた再び罹患してしまうといった具合にまるで互いにピンポン玉を打ち合うように感染が続くからです。そのため、ピンポン感染をする性病は、二人とも同時に治療を行うのが鉄則です。とはいえ、症状が現れるのには違いがあり、どちらかというと女性のほうが早く変化に気付けます。

おかしいなと思ったらすぐに医療機関を受診し、性病にかかっていると分かった時点で、パートナーも一緒に治療を行うといいでしょう。そんな女性が感染する性病として、圧倒的に罹患者が多い代表的なものが3つあります。

女性の性病感染者数ではダントツに多いのが特徴

女性がかかる性感染症で最も罹患者数が多いのが、性器クラミジア感染症です。

性行為によって、クラミジア・トラオマチスという微生物に感染して引き起こされる性病で、初期段階では特に異変を感じない性病のため、知らないうちに症状が進行し、重篤化させてしまうのが特徴となっています。

潜伏期間は感染から1~3週間で、最初のうちはほとんど症状がないものの、おりものの量が増えますので、この点に注意していると早く対処できる可能性が高いでしょう。

これを見過ごしてしまうと進行が進み、まずは子宮頚管炎を発症します。ここで放置してしまうと子宮内膜炎や卵管炎、さらには卵巣炎といった具合に、子宮とその周辺にどんどん炎症が広がってしまうのです。

こうなると、下腹部の痛みや吐き気、さらには不正出血が起こります。
不正出血は婦人科を受診する一番分かりやすい特徴となりますが、性器クラミジア症の場合は不正出血が起こった時点ではかなり進行していると言えるでしょう。

寄生虫によって引き起こされる性病も多い

人の体には、少なからず寄生虫がいるもので、ある程度の共存共栄は致し方ありません。
とはいえ、女性が感染しやすいトリコモナス膣炎が、トリコモナス原虫と呼ばれる寄生虫によって引き起こされると考えると、あまり良い気はしないでしょう。

感染してから症状が現れるのは、1~3週間くらい経ってからですが、トリコモナス膣炎の場合、先に挙げた性器クラミジア感染症とは違い、悪臭を放つ膿状のおりものが出てきますので、一目で異変に気付けます。

さらにデリケートゾーンに強いかゆみをもたらし、腫れて赤くなることから、何かおかしくなっているのは一目瞭然です。
ただ、婦人科に行くのがイヤだからと市販薬で何とか抑えようとすると、余計に悪化してしまう可能性があります。
かゆみが強いため、我慢しきれずに掻いてしまい、掻き傷を作るという二次被害もあることから、徹底的にトリコモナス原虫を退治するためにも、医療機関の受診は不可欠です。

普段は正常な菌が突然変異して起こる性病

膣カンジダ症は、通常、体の中に存在するカンジダ菌が真菌症という病気になることで起こる性病です。

真菌とはカビのことで、カンジダは数多く存在する真菌のうちの一つです。
 カンジダは女性の膣内部に存在するだけでなく、口の中や咽頭にもいるのですが、病変を引き起こすのは膣内部にいるカンジダだけなのが特徴です。

通常は多くの菌の一つとして存在するのですが、カンジダ菌は日和見菌のため、抗生物質の服用や、体力及び免疫力の低下などによって膣カンジダ症を発症してしまいます。

膣カンジダ症の代表的な症状は、白っぽいおりものが増え、だんだんとカッテージチーズのようなポロポロしたおりものに変わっていくことです。そもそも健康なおりものはさらさらとしていて無色透明、臭いもほとんどありませんので、色が変わったり、臭いがしたりした時点で異変を疑うべきでしょう。

トリコモナス膣炎と同様に激しいかゆみ、外陰部が赤く腫れて熱を持ってくるのも特徴ですので、こちらも市販薬ではなく、迷わず婦人科を受診することが大事です。

女性に多いこの3つの性感染症のいずれにも当てはまるのが、医療機関に行って正しい治療をしないとなかなかよくならないばかりか、よりいっそう酷くなってしまうことです。

女性の性病のほとんどがこの3つであることを知ることにより、たくさんの女性が性病に悩まされているということが分かります。
どのような症状が出たら、どの性病に合致するかを知っておくとことと、とにかくおかしいと思ったら、早めに医療機関を受診することが重要です。

さらに、3つの性病に共通しているのがパートナーにも感染するということですので、一緒に医療機関を受診して治療を受けるのが、早く完治させるための必須条件であると言えます。女性に多い性病と、それぞれの特徴を知っておくことで早めの対処ができますので、重篤化させることなく性病治療を終えることができるはずです。

コラムの最近記事

  1. オーラルセックスでも感染する性病について

  2. 風俗での性病感染を減らす方法について考える

  3. ソープランド利用の際の性病リスクと自己防衛策について

  4. デリヘルを安全にかつ楽しく利用する方法

  5. もし妊娠中に淋病にかかってしまったら!赤ちゃんに及ぶ影響を考える

関連記事

PAGE TOP