匿名で淋菌,梅毒,クラミジア,HIVエイズ,ケジラミなどの性感染症STDを自宅で性病検査できるおすすめ検査機関を徹底比較!高精度の検査キットをご紹介致します。

  1. 性病について
  2. 190 view

亀頭包皮炎を検査!原因と対策

子どものころは亀頭が痛痒くなった経験をお持ちの男性が多いでしょう。子どものころは免疫力が低いこともあり、亀頭包皮炎の原因となる雑菌や真菌に感染しやすいのです。

感染症には該当しない皮膚疾患で、他人に感染することはありませんが本人は非常に不快感を覚えます。亀頭にブツブツが発生するとかゆくなりますが、粘膜である亀頭を刺激すると余計に症状が悪化しやすいです。

免疫力が低下していると発症しやすいですが、よく洗っていない手で陰茎に触れていることも関係しています。感染を防ぐためには入浴時・排尿時以外は陰茎に触らないのが基本です。

亀頭包皮炎になると排尿時に痛みや不快感を覚えることがあり、陰茎が腫れてしまうケースもあります。放置しておいても自然と治ることがありますが、なるべく早めに医療機関で治療を受けるのがおすすめです。
市販の軟膏を使用する方法もありますが、皮膚科で処方される軟膏ほどの効果はありません。

ニキビ・アトピーのような症状

亀頭包皮炎は亀頭・包皮に発生するニキビやアトピーのような症状といえるでしょう。
発疹で赤くなったりかゆみを感じたり、また膿が発生するケースもあります。腫れてくると包皮の上から亀頭に触れても痛みを感じることがあります。

痛みの種類は鋭いものではなく、触れると痛いと感じる程度のものです。触れていない状態ではかゆみいと感じることが多いですが、指で押さえると疼くような痛みを感じたりします。
日常生活に大きく影響する症状ではありませんが、不快感を伴うのは間違いありません。腕や足などにかゆみを感じた場合は掻くことができますが、陰茎となるとそうはいきません。

かゆみは包皮の内側から生じていることもあり、包皮を剥いて洗浄するなどの対策が必要になります。
真性包茎や重度のカントン包茎の男性は包皮を剥くのが困難なため、亀頭が不潔になりやすいと考えてよいでしょう。不衛生な状態にしておくとバリア機能が低下し、雑菌や真菌に感染しやすくなります。

どのようにして感染するのか

子どものころに発生しやすいですが、その要因として包茎の割合が高いことがあります。
大人になれば自然と亀頭が露出するケースが多いですが、そうした方でも小さいころは包茎だったケースが少なくありません。包皮をずっと被った状態だと蒸れますし、雑菌が繁殖しやすいのは確かです。

恥垢が原因になることが多いので、毎日入浴時に包皮を剥いて洗浄するのが理想ですが、子どものころは亀頭を洗うという発想はないケースが多いです。
そうした状態は雑菌・真菌に感染しやすく、一度亀頭包皮炎になると治りにくくなります。

不衛生が原因で招いた症状ならば、亀頭や包皮を清潔にしなければ根本解決は難しいでしょう。それ以外の原因としては不規則な生活があり、特に栄養バランスが崩れた食生活を続けている方は注意してください。
免疫力が低下すると発症率が高くなるので、風邪やインフルエンザ・アレルギーなどを発症しやすい方も注意が必要でしょう。

亀頭包皮炎の治療方法

常に亀頭と包皮を清潔に保つことが大切なので、入浴時にシャワーで洗浄する習慣を身につけてください。
毎日洗浄することで恥垢のニオイが解消し、むず痒さが解消することが多いです。亀頭包皮炎は粘膜質の部位に発生するので、一般的な皮膚疾患より治りにくいです。

セルフケアで治療する場合は市販の軟膏が役立ちますが、それでも解消しない場合は皮膚科の軟膏を活用してください。抗生物質を含有する軟膏は効果的で、毎日塗ることで痛み・かゆみは引いていくでしょう。医療機関によっては飲み薬を処方してくれる場合もあり、比較的症状が重たいときの選択肢となります。

亀頭包皮炎は大人になるにつれて発症率が低下し、その理由として亀頭・包皮を洗浄する習慣が身につくことがあります。恥垢のニオイは自分はもちろんパートナーも感じ取っていますから、毎日洗浄してニオイを抑えておくのがマナーでしょう。

亀頭や包皮が痛痒くなる亀頭包皮炎は未成年によく見られる症状で、激痛を感じることは少ないですが鈍痛や不快感を覚えます。また排尿時に痛みを感じることもあるので、早めに改善しておきたい症状です。

症状の特徴としては陰部に発生するニキビやアトピーのようなものですが、粘膜質の部位に発生するため治りにくいです。普段から清潔にしておくことが大切ですが、治らない場合は市販薬や医療機関での薬物療法などが必要になるでしょう。

亀頭包皮炎は雑菌・真菌によって引き起こされることが多く、免疫力が低い子どものころはリスクが高くなります。汚れた手で触れてしまうことも関係しているので、なるべく触らないようにしましょう。

恥垢を除去しておけば発症率が低くなるので、シャワーで洗浄する対策がおすすめです。恥垢によるニオイを解消できるメリットもあるので、エチケットのためにも洗っておきましょう。包皮を剥いて指の腹で優しく洗っていくのがコツです。

性病についての最近記事

  1. 風俗での性病感染を減らす方法について考える

  2. デリヘルを安全にかつ楽しく利用する方法

  3. 感染してしまうと精神的ショックも大きい性病

  4. 知って欲しい淋病の真実!放置しておいて自然治癒する性感染症なのか?

  5. 軟性下疳とはどんな病気?検査と治療

関連記事

PAGE TOP