匿名で淋菌,梅毒,クラミジア,HIVエイズ,ケジラミなどの性感染症STDを自宅で性病検査できるおすすめ検査機関を徹底比較!高精度の検査キットをご紹介致します。

  1. 性病について
  2. 21 view

よく聞く肝炎のA型とはどのような病気なのか

A型肝炎とは、文字通りA型肝炎ウィルスによる感染症のことをいいます。A型肝炎ウィルスは酸に強いのが特徴で、アルコールにも耐性を持っているため、酸やアルコールによる除菌では排除しきれないところが、感染者を生む一番の理由です。空気中にはたくさんのウィルスが存在していますが、A型肝炎ウィルスは特に環境衛生が好ましくないところに多く存在します。下水道設備が整っていない環境で罹患する人がもっとも多いのは、水によってA型肝炎ウィルスが拡散するからです。

日本では、上下水道の設備が非常によく整備されているため、水が原因で発症する例はほとんどありませんが、少数ながらも井戸水を使っている場合などに発症するケースが見られます。
発展途上国では下水道の整備が遅れていることにより、A型肝炎ウィルスの罹患者が非常に多いのは、水以外にも糞便によってもA型肝炎ウィルスが広まることが理由として挙げられます。下水道の設備が不十分なためにA型肝炎ウィルスが空気中に増え、口の中に入ることで罹患するほか、不衛生な水で洗った食品を口にすることでも感染する感染症です。

A型肝炎に見られる症状

A型肝炎ウィルスの潜伏期間はおよそ2~7週間とされていますが、だいたいにおいて4週間ほど経過すると何らかの症状が現れてきます。口から感染するとあって、食欲不振や吐き気、さらには嘔吐が起こり、全身に倦怠感があるほか、38度を超える発熱が3~4日間ほど続き、下痢や黄疸も見られるのがA型肝炎の症状の特徴です。

全身の倦怠感や38度を超える発熱、食欲不振といった症状は風邪に似ているため、市販の風邪薬を飲んでしまいがちですが、まれに劇症肝炎を引き起こし、急性腎不全に進行する場合もあります。ただ、そこまでの重篤化は非常に少なく、たいていはA型肝炎と診断されてもほとんどが一過性のものであり、持続性の感染症ではないことから、慢性肝炎に移行することはまずありません。また、一度罹患すると免疫ができて、その後は感染しないのも特徴です。

A型肝炎に感染する経路とは

下水道整備が不衛生なことが一番の原因となってA型肝炎ウィルスが発生しますので、水が最大の感染原因となります。感染経路としては、A型肝炎ウィルスに汚染された水を飲んだとか、手や顔を洗ったときに口からウィルスが入るといったケースが多いでしょう。

また、発展途上国では下水道整備が十分でなく、不衛生な川の水で洗った食品を十分加熱しないまま食べることによっても感染します。A型肝炎ウィルスは酸にもアルコールにも強いものの、85度以上で1分以上加熱すると死んでしまいますので、どうしても発展途上国へ行く必要がある場合は十分に加熱した料理を食べることが大事です。

海外では野菜や果物にA型肝炎ウィルスが付着しており、それを食べたことによって集団感染したという事例もあることから、発展途上国で加工された食品を食べる場合には、十分に加熱できる食品だけを選ぶことで、食品からの感染を防ぐことができると考えられます。水や食べ物が感染経路になっていることがほとんどですが、性的感染もあります。それというのも、A型肝炎ウィルスは人の消化器官の中に入っても不活化、つまり死滅することなく、糞便に混じって体外へと排出されるからです。そのため、発展途上国で性交渉を持った場合に感染する可能性は高いことから、こちらも注意が必要です。

A型肝炎の治療法

A型肝炎ウィルスによってA型肝炎を発症した場合、投薬などの治療は特にないのが特徴といえます。複数の症状が重なって出始める急性期は身体がつらく、体力も消耗しますので、入院して安静にするのが一番です。いわゆる安静加療が一番の治療になりますので、入院することが治療だと考え、しっかりと休みを取って入院することが唯一の治療法です。

自宅での療養は、糞便や吐しゃ物にウィルスが混じっている可能性が高いため、しっかりとした感染症対策がとれる病院に入院するのがベストです。いったん回復すれば免疫ができ、二度と感染しなくなるため、特別恐れる必要はないのがA型肝炎の特徴ですが、1%程度は重篤な症状を引き起こすため、油断は禁物です。
ただ、もともとの感染原因が空気中に漂うウィルスであることから、完全にシャットアウトすることは難しく、加熱調理を十分することや、不衛生な環境では不用意に水や生ものを食べないという予防が何より大事といえます。

肝炎と聞くと、すべてが重篤な肝臓の病気と捉えがちですが、A型肝炎に関していえば、重篤化するケースはまれで、一過性の病気であることが大半です。A型肝炎に罹患した場合、何より安静加療が最大の治療法であり、それ以外には特に治療をすることがないというのもあまり知られていないため、いかに肝炎に対する理解が十分でないかがわかります。
感染原因や感染経路、さらにA型肝炎の特徴的な症状がどのようなものかを知っていれば、すぐさま医療機関を受診し、適切に対処してもらうことによって、その後は二度と感染しない身体になるのがA型肝炎という病気です。

性病についての最近記事

  1. 風俗での性病感染を減らす方法について考える

  2. デリヘルを安全にかつ楽しく利用する方法

  3. 感染してしまうと精神的ショックも大きい性病

  4. 知って欲しい淋病の真実!放置しておいて自然治癒する性感染症なのか?

  5. 軟性下疳とはどんな病気?検査と治療

関連記事

PAGE TOP